スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新作UWゲーム「生贄娘-鬼蛇の呪い」もうじき公開です

久しぶりのフリーゲームとなります。メインで作ってるやつとは別枠なんですが、本格的に作った開発システムが他のゲームを開発しえるのかどうか検証する意味で作ったので、とても有意義なものになったと感じています。2Dゲームですが、HOLDOVERと異なり自由に水中を泳げるので、狭い通路も体をくねらせてスイスイ泳ぐ姿はUnderwaterの本来持つビジュアルになったと思います。今回はタイトル画面以外に文字を使っていないため、本作の公開は同時に全世界版の公開ということになります。水中ゲームは本来言葉が要らない世界のはずなのに、これが完全に達成されていたのって過去作ではDancingMarinaだけなんですよね。

生贄娘
This work does not need language.
All gamers can play this free!

●バックグラウンド

昔々、海に囲まれた小さな島に、漁や農畜でひっそりと暮らす集落があった。
その島には神竜という守り神が住んでいて、その竜の持つ秘宝はまばゆい輝きを放ち、あらゆる災害や邪悪なるものから島を守っていた。
しかし時折島の外から、その宝玉を目当てに盗賊が現れるようになった。
秘宝は深い海の底に住む神竜の命そのものだった。誰にも奪うことも、近づくことすら叶わなかった。
欲にまみれた何人もの人間がそれを目当てに海の底に消えていったが、ある新月の晩、海から大きな悲鳴が聞こえてきた。まるで竜の悲鳴のような声だった。
突然海が荒れ狂い、嵐が島中を荒らして回った。その頃から、新月の夜になると海は荒れ、海から現れた鬼のような怪物が村を襲うようになった。
何人もの村人が鬼に食われ、人々は風前の灯にいた。

「神竜の秘宝がとうとう奪われたのか?」

いや、奪われたとして、その奪った人間が生きているとは到底思えない。古の慣わしで村人は生贄の娘を海へささげることで、村人たちは鬼の襲来を防いだ。その慣わしは今もなお続いている………。

●ゲームシステム

本作は最近のホラーゲームでよく見るシステムで、驚異的な敵から逃げながら脱出を目指すタイプのアクションゲームです。少女が生贄として石棺に入れられ海の底に沈んでいくシーンからゲームが始まります。島に伝わる伝説は迷信ではなく、生贄の人間を求めて海の底を“鬼蛇”という危険な生物が徘徊しています。彼らに見つからないように海底洞窟をさまよいながら脱出を目指そう!彼女が身に着けているものは胸と腰に巻かれた布切れのみ。丸腰では鬼蛇に見つかると勝ち目はないだろう。鬼蛇の執拗な追跡を振り切り、彼女は無事に生還することができるのだろうか?

・ ◆ ・  ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・ ◆ ・

これから音楽と声を入れ、さらにオフィシャルサイト用に主人公のグラフィックやらなんやら用意していきます。単にゲームだけ爆速で出来ても公開に意外と手間がかかっていますが、もう少々お待ちいただきたいと思います。ツイッターでもぼやいていましたが今リアルの仕事がFoxEye始まって以来の忙しさなもので…更新のろまでスミマセン~

★拍手コメント有難うございます。

>良質なUWシチュの裏には膨大なボツ案があるのですね
表現しきれていない部分の方が多いんですよね^^;やりたいけど、色々な都合でやれない…ストーリーに合わない、システムに合わないなどなど色々です。

>水中ピンチなシチュに期待しつつ
ううう、小規模ながらに今回かなりキケンなシチュエーションになってしまったようですよ(’o’;

>18禁で良いのでfox様の妄想を具現化して頂けることを希望します。
いつの日か成人向け作品を出す日が来るのか?その日のために完成したひみつのR18タイトルはどんどんしまっていきます。。

>エラー93を吐いて落ちるのはAvastをオフにするとだいぶ(完全ではない)改善される
確かにAvast落ち多いようですね。その他の環境で起こったトラブルなどもメールで対応しておりますので何かありました際にはお問い合わせください。本件はDLsite側にもお知らせしておりますので、問題に再現性がある場合はDLsiteの方でも対応してくださいます。ご利用いただければと思います。

>そういえば、クから始まるゲームやBP2の開発計画はどうなったんですか?
昔発表した未完成タイトルを覚えていていただけて有り難いです。クルフィーユはまだ実現していない3Dアクションゲームが具現化したものになります。処理の高速さとビジュアル両方を兼ね備えたつくりにしなければならないため現在技術開発中です。またBP2はFoxEyeの存在意義のひとつです。必ずBP2を遊べる日が来ます。今色々と寄り道してゲームを作っているのはBP2がマンネリ化した水中探索ゲームにならないようにし今以上にスキルを磨いた上で確実に世に送り出すためです。ご理解いただければ幸いです。

>昔オリジナル小説とか書いてたな 今読みなおすと痛すぎるけど
私もあります!水中に全然関係ない小説らしき怪しいテキストあります!黒いテキストはどんどんしまっていきます^o^;ミナカッタコトニシヨウ...

>またリコアイモカの三人が主役のゲームとか出したりする予定とかありますか?
恐らくあるような気がします。突拍子もなく作った“あいくずし”のように。どんなスケールで帰ってくるかは未知数ですけれど^^;

それでは、またリリースしたら更新していきますです。よろしくおねがいします。
 
スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © Foxの開発ブログ All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。